NHK金曜時代劇『最後の忠臣蔵』 第4話 YouTube有り

※当ブログでは個人的な趣味で収集した情報・動画・画像を表現の自由に即し趣味の範囲で掲載しており、著作権及び肖像権等を侵害する意図はありません。

最後の忠臣蔵 - Wikipedia

最後の忠臣蔵|ドラマのみどころ

時代劇、TV時代劇の日記と感想・最後の忠臣蔵


今日、BSTwellV(トゥエルビ・12)で14時から放送の映画『歩いても 歩いても』の録画が始まったのを確認してから水巻図書館館に行ってきました。

TNCで同じ14時から鷹vs真理の試合の放送があるのは判っていましたが。

なるべくはよ帰ってラストだけ観ればいいかと。

結果思ってたよりもはよ帰れましたが、負けちゃった・・・

はよ帰れた理由は5番ブースが空いてたから、待ち時間無しだったから。

篠(和久井映見)を小雪(三林京子)に預けて江戸へと旅立った寺坂吉右衛門(上川隆也)・・・

和久井さんには、華がありますね。

現在『陽だまりの樹』で、ヒロインおせき役を演じてる黒川芽衣さんとは、ダンチだな。

柳沢に喧嘩を売るんだな。

仲間が大勢控えているからこそ出来るんだよ、天川屋(津川雅彦)!

鎌倉の明石茶屋の女将きよ(香寿たつき)はいい女。

内蔵助に一夜の情を受けたと。

香寿たつきさん?

知らん女優さんだなぁ・・・

麻生久美子さん風です。

元宝塚なら有名なんですね。

知らんのは、わっちだけとか?

(^_^)

吉が泉岳寺で参った墓は、『時代劇、TV時代劇の日記と感想・最後の忠臣蔵』では、主君と吉田となっています。

最後に参った石壁には内蔵助の名前が・・・

でも先に参ったのが主君と吉田の墓なんですね、多分・・・

大目付・仙石伯耆守(神山繁)に会えたものの。

柳沢吉保(田村亮)や荻生徂徠(笹野高史)等の邪魔で、伊豆大島に流罪と決まりかける。

それは我慢ならない吉。

しかし反柳沢の間部詮房(冨家規政)や。

後の6代将軍徳川家宣(榎木孝明)や進藤源四郎(江守徹)のバックも有り。

アホ公方綱吉の一声で、大赦令。

吉の遠島も無くなりました。

吉と言うよりも進藤が凄いなぁ・・・

この結論の前辺り10分くらい眠ってしまいました。

改めて『時代劇、TV時代劇の日記と感想・最後の忠臣蔵』を拝見すると。

無視できない場面がありますね。

すみません。

m(_ _)m

無視していいと思いそのまま返却してしまいました。

でも面倒なので、再見はしませんよ。

see you(^^)w


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック