岸・即陳!

アクセスカウンタ

zoom RSS H1−L2 獅子戦・観戦記 画像&YouTube有り

<<   作成日時 : 2011/09/15 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

※当ブログでは個人的な趣味で収集した情報・動画・画像を表現の自由に即し趣味の範囲で掲載しており、著作権及び肖像権等を侵害する意図はありません。

過去記事が豊富に保存されている『旧岸・即陳!』もご覧下さい。

詳細は『http://sokutin.at.webry.info/』をクリされて下さい。

昨日福岡ドームの獅子戦を視聴(み)てきました。

自宅を経つ前にアップした記事の時間が12:59です。

それから寝子(ねこ)ちゃん改めニャンコ先生(『いなかっぺ大将のパクリです。娘さんで柔道は教えてくれません。が、ふてぶしい態度が『ちゃん』より『先生』なんです。)にフード25粒程に4,5本の猫草を小さく切って混ぜてごはん皿に盛りすぐに出発しました。

まずは『ラ・ムー水巻店』へと。

一応前の日に買った菓子パンや凍らせたお茶は父がリュックで持っていますが。

足らんちゅうことで。

おお。

グランモール水巻は車が一杯です。

暫く行かないうちに人気店に変わってました。

建物正面には駐車スペースが無さそう。

最悪屋上かな?

ぐるっと裏を廻りました。

続々と車が立体駐車場に入ってます。

それに続けと。

でも1階は満車でした。

始めて停める2階へ。

なん、ガラガラやん。

日差しを避けての、1階満車なんだわい。

こちとら長居しませんから、多少の日差しは構いません。

エレベーター脇に停めました。

ラ・ムー水巻店自体の日お客様の数はそこそこ。

でも安いね。

この頃『ハローデイ共立大前店』の値段が標準になってるので。

あちらでは100円以下にあまりならない1ℓコーヒー(加糖)が、安売りでも無いのに88円です。

特にスナック菓子はダンチです。

かっぱえびせんは見当たらなかったけど、あれば80円くらいやないかな?

ハローデイ共立大前店では時たま99円で何時もは100円です。

父がサンドイッチを希望。

でも父はサンドイッチを買わずに1個58円(だったかな?)の大おにぎり2個と小おにぎり3ヶ入り・100円を1パック買ってます。

ごはんだらけじゃん。

日本人だなぁ・・・

(^_^)

メーカーは違えどハローデイ共立大前店のと比べ約半額100円のサンドイッチは、私が買いました。

おにぎり大1個と。

母はおにぎり大2個とロッテのアイスクリーム1個です。

行きの車中で食べてたみたいです、アイスクリームは。

母が米が安いと10kgを買ってます。

もっと近くに。

更にポイントがあれば、ベストなお店です。

チマキングよりもね。

更にグランモール水巻見学も勧めましたが、アイスもあるし、人混みは鬱陶しいので、先へと

建物から離れた屋根無し駐車場はガラガラだと確認しつつ、14時前にGo。

3号線はラーメン店を始めとする食べ物のお店だらけです。

宗像市王丸辺りが重心やないかな?

60km/hを守り西へと。

極めて順調に。

ちゃんと石堂大橋を右に曲って昭和通りに入りました。

あとはももちへひたすら、ひたすら・・・

流石に博多の街中。

多少混み雑合いました。

『』内は読まなくて構いせん。

要する道に迷った顛末です。


『が16時前には何時もの(西南学院辺りかな?)右折する場所辺りへと。

あぁ。

車線変更できない。

もっと先進みました。

やっと右折できましたが、行き止まり。

3号線に戻り何時もの(西南学院辺りかな?)から北へと。

毎回おんなじ事を繰り返してるか知れません。

またもやどんまりだけど、車1台分左折できる小道があります。

その道少し走ると見えて大通りに出られました。

しかし西向きにしか進めません。

仕方が無く西へ進むと右折できる信号が。

右折して暫く走るとRKBが見えてきました。』


駐車場に入りました。

停めました。

うーん?

横の。

こんな立体駐車場知らんぞ?

新しく作ったのか?

よく見ると柵の向こうに見知った駐車場の敷地が。

「RKB敷地内に2つの駐車場敷地があるんだわい。」

と納得してから兎も角前に歩いた道を進むます。

「今度の駐車場は距離は遠くなったけど、車から出口が近いから待たんで済むぞ。」と。

福岡タワーです。
画像


その道向いでの『シーサイドももち海浜公園』です。

と言うかマリゾンの入り口です。
画像


『マリゾン』には行った事無かったので、知りませんでした。

『シーサイドももち海浜公園』内にある施設のほとんどは『マリゾン』なんですわ。

階段を昇り見える景色です。
画像
画像
『能古島の片思い』が遠くに見えます。
画像
父が道行く自転車の若者に聞いたところ浜からもドームへ行けると。

降りる階段で撮った『海の中道』です。
画像

判らんでしょう、小さ過ぎて・・・

多分向かって左が金印で有名な『志賀島』なんでしょうが、よう判りませんわ。

浜の道は左足に過度な負担が。

なるべくアスファルトを歩きましたが・・・

もう限界と思った頃に左の交差点に降りる階段が。

やっと判りました。

暫く南進すると前回歩いた道になるのです。

休み休み歩きました。

『よかトピア橋』を渡っての『ヒルトンホテルシーホーク』前の両親です。
画像


ドームに着いたのは16:45くらいです。

今回は割りと楽に階段を昇れました。

勿論手摺を掴み、途中4度くらい限界がきましたが。

昇った7番Gでは、まだRKBラジオ貸し出しをやっていません。

本当に貸し出しはやってるんだろうか?

席はかなり上の方でした。

ポールがこう見えるので、前回よりもかなり外野側です。
画像


私が先に座りました。

その次が母。

最後の一番端は他人の席。

その人がもし来たら変わればいいとその席に父が

父の本当の席は、私の左でした。

持ってきたラジオは母と二人で大相撲を聞いてました。

日馬富士が負けて白鵬が勝ってから周波数をRKBへと。

何故かKBCが見つからないのです。

(北九とは違いRKBよりも数字が大きいと知ったのは試合が終ってからでした。)

暫くしたら父がRKBのラジオを借りてきました。

1,500円の保証金を払って。

試合が始まる前に入り口で貰ったうちわもどきの写真の女の子。
画像


ポールの写真にも写ってる、山本美月さんが挨拶していました。

声が割れて何を喋ってるのかは不明なんですが。

ホークスビジョンに映った山本さんはYouTubeやうちわもどきに彼女よりも、もっと素直そうな美人さんですたわい。

※『ウイルスバスター 山本美月ちゃんCM』です。




※ちなみに5回表終了後発表の『ウイルスバスター2012クラウド』プレゼントのうちわもどきくじは、3人共に外れています。

前回はオールスター後最初の試合だったので、国家合唱があったのでしょう。

耳たぶひっかけタイプなんだけどなかなかしっくりひっかけられないイヤホンにイライラしながら、何時の間にか試合が始まってました。

1回は両投手ともアップアップでしたが、何とか0封です。

4回裏の松中さんへのデッドボール。

ホントにヒヤッとしました。

この頃波に乗れなかった5回裏の松田さんの1発は、3回以降完全に立ち直った和田さんにとって完封を誘うものだと思えたのですが。

中々コンビで7回表の同点。

その後の黄色風船の嵐也。
画像


見たかったおかわり君の一発が最悪の結果に・・・・

腹一杯飲み食いしたせいかドームから出た辺りで大便痛が。

もう今回は3人共食べてます。

帰りの外食は致しません。

何とか『よかトピア橋』は渡り切りましたが、そこで限界が。

目の前にはTNC会館。

私は民放放送局建物内部は京都のKBS本社しか知りません。

果たしてトイレを貸してくれるだろうか?

瀬に腹は変えれないので思い切って入りました。

なんだ。

普通の商業ビルじゃんか。

しかもどのお店閉めているか閉める最中。

トイレを探すも判らない。

料理店の受付を遣っていったお兄さんに教えもらいした。

無事大便痛終了。

父は裏から出ていました。

そこからタワーが見えます。
画像

写真では判らない淡い光のグラデーションでかなり美しいです。

帰りは多分迷うので、ナビをオン。

兎に角南に向えばいいのです。

最低それは判るから。

やはり迷いましたが、割と早めに3号線に。

あれっ?

西南学院が。

そうか。

行きは西南学院を超えてもいいんだわい。

帰りも60km/hを守りました。


信号に引っ掛からないせいか早く帰宅できた気がします。

それでも帰り着いたのは11:40。

ニャンコ先生は居なくてフードを3つ残しています。

なんだ。

一人での食事方がよく食べるじゃん。

しかも猫草全部食べてるし。

非常に運転疲れしたので、ブログは翌日と。

(^_^)

see you(^^)w


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
H1−L2 獅子戦・観戦記 画像&YouTube有り 岸・即陳!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる